兄弟について
YOさん
(2010.4)
すぐ下の弟は高校は下宿を自分で選び大学もアパートから通っています。かまってあげられない分自立していると思います。下の弟は発病してから生まれたせいか、母親にべったりの甘えん坊です。
KHさん
(2010.4)
3番目と4番目の弟妹は眠くなるとKくんの横で寝たりするんですよ。13歳の弟は薬も水分もご飯を食べさせるのもできるし、19歳の妹は留守番などを手伝ってくれます。
NKさん
(2010.7)
Nは末っ子で10歳くらい離れているので、兄弟たちは冷静でした。状況もわかっていたのではないかと思います。
YYさん
(2010.7)
末っ子で転びやすくなった時はずいぶん面倒を見てくれました。ありがとうございました。兄・姉ともにがまんしていたと思います。
KMさん
(2011.1)
上に男の子が二人、下に男の子が一人います。病気の子にばかり気が行っていて他の子どもたちはお祖母ちゃんに任せきりでした。兄弟は寂しい思いもしたのでしょうが、わき道にそれることもなく良い子どもたちです。
TKさん
(2011.1)
弟が5月に結婚しました。仲のいい兄弟で休みに病院から連れて帰ると弟がずっと面倒をみていました。
RKさん
(2012.1)
小4だったお姉ちゃんが『病院に行って自分が看る』とか『養護学校に自分も転校させてくれ』と言いだして困りました。そこで行事の関係などで普通学校が休みで養護学校がある時に兄弟・従兄弟たちが養護学校に伺い一緒に給食を食べたりして養護学校でのRの様子と先生の大変さを知ってもらいました。
YFさん
(2013.9)
当時姉は高1でした。妹の病気のことはすべて伝えました。でも小さい子と違っていろんな思いがあるから複雑だったと思います。かかりつけ医に「病気になった子は本当に大変でかわいそう、でも健康なお姉ちゃんも本当に大事なのよ」と言われ、ハッと思いました。本当にありがたかったです。入院中、週に一度は姉と外食する、と決めてやっていました。
YKさん
(2015.1)
小4から小5の1年間の入院中、お母さんが付添看護で、その間4歳下の弟さんの世話はお祖母ちゃんが担当していました。
閉じる
閉じる 閉じる